近々、コメント欄の仕様が少し変わります
ドラマ・映画

日映画盗作論議のイカゲーム、日本で好評

「イカゲームではなく、イカチャンポンだ」

今月17日にネットフリックスオリジナルドラマ『イカゲーム』が公開されるやいなや、興行成績とは別に盗作問題が浮上した。 ゲームで負けたら死ぬという設定は、日本の漫画を原作とした映画「神さまの言うとおりに」(2014)を、人生の崖っぷちに立たされた人々が主催者不明のサバイバルゲームに参加するストーリーは、「賭博黙示録カイジ」(2009)を連想させる。 命がけの様々なデスゲームに参加するネットフリックスオリジナル「今際の国のアリス(2020)」はもちろん、このすべての祖先と言える「バトルロイヤル(2000)」まで…イカゲームはこれらを全部取り混ぜた’イカちゃんぽん’のようだという批判だ。

(中略)

バトルロイヤル類の生存ゲームを一つのジャンルとして受け入れて久しいためか、日本の視聴者は「イカゲーム」盗作論議に寛大な様子だ。 日本最大の映画レビューサイトフィルマークスでは、盗作よりは「韓国だけのオリジナリティ」に注目する雰囲気だ。 「バトルロイヤル」と「カイジ」、「今際の国のアリス」を連想させるという点を否定できず、サバイバル系作品の二番煎じであることはある程度事実だが、ドラマに登場するゲームが韓国の伝統遊びで満たされたという点が最大の違いだと指摘する。

フィルマークスはタイトルに登場するイカゲームが「韓国で1980年代まで流行した伝統的な子供の遊び」と紹介する。 韓国では盗作批判を避けるため賞金や命がけのサバイバル作品を嫌う傾向があったが、「イカゲーム」はカルメ焼きや玉突き、綱引き、飛び石などの韓国伝統の遊びを素材として使用し、従来とは異なる作品として楽しめるという説明も付け加えた。

作中の最初のゲーム『ムクゲの花が咲きました』の普遍性についても好評一色だ。 日本では「だるまさんがころんだ」という名前で、イギリスでは「彫刻像ゲーム」、米国では「赤信号、緑の火」、スペインや中国、香港などにも類似の遊びが存在するだけに、全世界の視聴者に身近に感じられるということだ。 ネットフリックスを通じて全世界に同時公開した作品1話にこの遊びを使ったのは、まさにこのような効果を狙ったものと分析される。

ある日本の視聴者はフィルマークスに「『カイジ』と似た素材を使いながらも作り方や感情線表出、あらすじなどは韓国のもので別のものだという感じ」と感想を書いた。 また別の視聴者も「確かに日本の作品と似ているが、デスゲーム系のドラマや映画はすべて命をかけてやるものなので、どうしても同じように流れるのは仕方ない」と話した。

日영화 표절 논란 오징어게임, 정작 일본에선 호평[김보겸의 일본in]
평범하게 지내던 학생들이 갑자기 데스게임에 참가하는 ‘신이 말하는대로’(왼쪽)를 표절했다는 논란에 휩싸인 ‘오징어 게임’(오른쪽)(사진=필마크스) “오징어 게임이 아니라 오징어 짬뽕이다.” 지난 17일 넷플릭스 오리지널 드라마 ‘오징어 게임’이 공개되자마자 흥행 성적과는 별개로 표절 논...
『イカゲーム』予告編 – Netflix

確かに色々ごちゃ混ぜ感があるw

 

  1. 匿名 より:

    このドラマ?今韓国でめっちゃ人気らしいね面白そう

  2. 匿名 より:

    見てないけどなんかバトロワっぽい

  3. 匿名 より:

    面白そうだーー

  4. 匿名 より:

    なんなんだこれ笑笑

  5. 匿名 より:

    老害と馬鹿女と朝鮮民族と不良外人は絶滅www